前へ
次へ

交通事故の原因の変遷

人が自分や物を移動させる手段として、自分の足以外の物を用いる様になり、更にそれが動力を用いる自動車となって運転する事が必要な時代になると、必然的にその自動車が公道上で人や物を傷つける凶器となる事案が発生するようになりました。
これが交通事故です。
初期の交通事故は、それらの自動車を運転する際の注意を怠ったり、操作を誤ることで発生していましたが、次第に運用に必要な法律やルールを守らない人達が増えて来たこともあり、発生件数も増加しました。
また、自動車の高性能化とともに、相手に与える被害も大きくなり、事によっては相手の命を奪ったり、重大な後遺症を残す事態にもなっていました。
しかし自動車は、メーカー側の努力による技術の進歩で、一定程度の交通事故件数の減少や、程度の軽減に貢献されてきましたが、近年の運転者の高齢化や、健康上の問題がある運転者の増加によって、今迄とは異なる要因による交通事故が増加しています。
今後は法改正では追い付けない部分は、自動車メーカーだけではなく、ソフト開発や町工場までが有用な機器を開発し、人の生命財産を守る必要があります。

Page Top