前へ
次へ

もしも交通事故に遭ってしまったら

どんなに注意をしていても交通事故に遭ってしまうことはあります。
実際に遭遇をしてしまった場合、どうすればいいのか分からないということがあるでしょう。
まずは警察に通報をして、手続きを取る必要があります。
過失割合も判定してもらわなければいけないので、警察に介入をしてもらったほうが確実だと言えるでしょう。
当事者同士で対応をするとトラブルになってしまうこともあるので、警察の介入はもしもの時に備えるということにもつながります。
通報をすればすぐにでも駆けつけてくれるので、安心もできます。
また怪我をしている場合には救急車の要請もしなければいけません。
相手が怪我をしている可能性が少しでもあれば、救急車を要請したほうがよいでしょう。
あとになって症状が出てくるという可能性もあるので、後日トラブルになってしまうことを避けるためにも迅速な対応が必要となってきます。
交通事故は当事者同士で対応をするのは避けるべきでしょう。

Page Top