前へ
次へ

交通事故を厳格に考えると

厳格に考えてみると、交通事故は人の慢心が起こすものだと結論が出ます。
自分だけはトラブルにあわ

more

交通事故を起こさないような気持ちの支え

根拠となる気持ちが強くないと、まあいいやと流されてしまうことは多いです。
車の運転でもそれはあ

more

ワイルドな運転は交通事故を招く

慣れや慢心などは誰にでもあることで、運転は慣れれば慣れるほど危険の認識があいまいになります。

more

交通事故にあってしまったらどうすれば良いのか

いつどこで起きるか分からない交通事故ですが、遭遇した場合パニックになってしまう人もいるのではないでしょうか。
一番初めに何をしたら良いのか分からなくなってしまう人もいるようです。
今回はもし交通事故にあった場合、何をすれば良いのかお話していきます。
最初にやるべきことは警察に連絡することです。
大きい事故でも小さい事故でも自分たちで解決しようとするとトラブルになりかねません。
自己判断せずに、すみやかに電話しましょう。
大きなけがを負ってなければ、警察が来るまでの間に相手の情報を確認しておきます。
被害者は加害者の住所や氏名や連絡先を聞きましょう。
また、加害者が加入している保険会社名なども控えておきます。
気が焦ってしまうかもしれませんが、後々困らないように落ち着いて話をします。
交通事故にあった者同士は気が動転しているので、記憶があやふやな場合もあります。
目撃者は重要な証拠になります。
証言をメモしたり、警察に話してもらったり協力してもらえるとスムーズに事が進みます。
そして、記憶は薄れていってしまうので、現場の見取り図や、どのようにして起こった事故なのかなどをメモしておきたいところです。
できれば現場を写真に撮っておくと良いかもしれません。
事故にあったときは大丈夫でも、後から怪我が痛くなってくることもあります。
なるべく早いうちに医師に診てもらいましょう。
よく、その時は痛くないからといってそのままにしている人がいますが、事故にあったときは精神的に平常心を保つことは難しいので、怪我を感じなくなっている場合があります。
特に何もなくても、医師に診てもらうことで安心できますので病院へ行くようにして下さい。

オフショアファンドによる「自分年金づくり」
ファイナンシャルプランナーの業務ができる吉野コンサルティングオフィスです

できる限り遭遇したくない交通事故ですが、自分の身にも起こる可能性は十分あります。
まずは落ち着いて、やるべきことを速やかに行いましょう。
また、嘘はつかずに必ず真実を証言しましょう。
ショックなことかもしれませんが、命があれば必ず解決することなので大丈夫です。

Page Top