前へ
次へ

交通事故を起こさないような気持ちの支え

根拠となる気持ちが強くないと、まあいいやと流されてしまうことは多いです。
車の運転でもそれはあてはまり、日常生活の利便性をとるあまり安全確認を怠ったり、無茶なスピードでの運転を繰り返すなど危険行為を容認してしまうと、思わぬところで交通事故を招く危険性があります。
道路を利用する人間すべてが完璧に安全確認をしているわけではありませんが、交通事故を回避するための心構えはきっちりと持っておくことが大事です。
車を運転し始めた人はドライビングスクールで学んだ基本をそのまま運転に反映するので、ベテランドライバーよりも安全運転をします。
そのため、事故の確率はとても低くなり、起きたとしてもさほど重大な結果を招くことは少ないです。
ベテランの場合慣れからスピードを出し過ぎたり、このくらいなら良いと自分で勝手に交通ルールを誤認あるいは都合のいいように解釈することが多いため、いざ交通事故が起きてしまった場合深刻な事態を招きがちです。

Page Top