前へ
次へ

ワイルドな運転は交通事故を招く

慣れや慢心などは誰にでもあることで、運転は慣れれば慣れるほど危険の認識があいまいになります。
車同士あるいは歩行者と車の交通事故は全国的に増えており、お互いが危険を認識せずに行動していた結果大きな損害を招く事故を起こすことにつながっています。
恰好つけるだけのワイルドな運転などは交通事故を招く一番の要因です。
車は安全に走行していてもトラブルが起こる危険性をはらむ不安定な乗り物ですから、それを認識した上で使わなければなりません。
どれだけ注意していても歩道から子供が飛び出してくることはありますし、動物などはそもそも交通ルールが当てはまりません。
車の運転をする場合、スピードを出さなくてはならない時と出してはいけない時を自分で決めなくてはならないため、ある程度は慣れが必要です。
しかし、慣れすぎてしまうと自分なりのルールが交通ルールに勝ってしまうので、交通事故を防止するためには今一度交通ルールを見直し、気持ちを新たにする努力が必要です。

Page Top